roughRiceボディボードがカスタムボードにこだわる理由
How To Orderボディボード
カスタム ボディボード オーダーフォーム
FAX用ボディボード オーダーフォーム
ラフライス ボディボード

PDFファイルを
ご覧になるために


adobe
PDFファイルを閲覧するにはAdobe社が無償配布している Adobe Reader でご覧下さい。
最新の Adobe Reader は上記ボタンから入手できます(Adobe Reader 7以上推奨)。

『ボディボードショップ店長業日記』

こんにちは!

店長の超ボディボーダーこと新井徹です。

こちらは通常の日記とは異なる、『ボディボードショップ店長業日記』です

店長日記はこちら >>

ラフライスボディボードユーザーのサイト
いいね!で最新情報をGET!

携帯ページ

HOME»  カスタム ボディボード 【ラフライス】»  「rough Rice」がカスタム ボディボードにこだわる理由

「rough Rice」がカスタム ボディボードにこだわる理由

「rough Rice」がカスタムにこだわる理由
サイズについて
同じ身長でも、体重が違えば、ボードにかかる浮力は変わってくるはず。
しかし現状は市販ボードを購入する際、基準になるものが長さしかありません。
体重が10kg違っても、身長が同じならば、同じ長さのボードを選ぶ事になります。
しかも長さだけでなく、厚みも幅も、全てが同じボードを選ばなければなりません。
こんな市販ボードの在り方に疑問を持ったことはありませんか?
『ラフライス』ではおなじ身長でも、体重が違うならば、ボードの幅や厚みは変わると考えています。
またよく入る波のタイプ、ライディングの特徴によっても、その人に合う幅や厚みは、それぞれ違うと考えています。
また市販ボードは、表示サイズと実寸が違うことも多く、使っているボードが本当に自分にあったサイズなのか、分かりにくいことも事実です。
『ラフライス』ではきちんと自分に合ったボードのデータを知り、データどおりのボードに乗る事ができます。体型やライディングに合ったボードに乗ることで、無理の無い動きが出来、レベルアップになると考えています。
『●●モデル』について
去年買った調子の良かったボードが手に入らなかったり、
モデル名が同じでも、モデルチェンジして、全く違うボードになっていたり、
調子が良いからと大切にしているボードが旧モデルになり、安売りされていたり、
そんな嫌な思いをした覚えはありませんか?
せっかく使い慣れて、ボードの特性が分かってきて、ライディングに生かせるようになったのに、
そのアウトラインがなくなってしまうということは、
新しいボードになった時、全て初めからやり直しになってしまうことになり、
レベルアップに妨げになると考えます。
市販ボードで『●●モデル』または『●●年モデル』と言う言葉を良く耳にしますが、
『ラフライス』ではこういった『●●モデル』の在り方に疑問を持っています。
自分に合ったサイズの、自分のライディングを生かしてくれるようなアウトラインのボードを、十分に使い込んで、そのボードの特性を知り、生かすことが、本当の上達になると考えています。
次にボードを変える時は、上達加減や波によって、ほんのちょっとだけ変えるのが理想です。
『ハンドメイド』と『カスタム』
ハンドメイドとは、手作業で作ると言うことです。
カスタムとは、注文にあわせてあつらえるとうことです。
ボディボードは、製品となる材料の特徴から、未だ、機械で全てを作る事は不可能です。
どんなに安いボードでも、世界中の工場で多くの部分をハンドメイドで作られています。
ハンドメイドで大量に作らなければいけない、という現状から、ボードが出来上がった時、同じモデル・サイズといわれていても、1本1本の誤差が出てしまうのです。
ハンドメイドという言葉に惑わされず、本当に良いボードを選んでほしいと思っています。
『ラフライス』のカスタムは本当の『ハンドメイドカスタム』です。
材質について
ボードはサイドだけでなく、デッキ材と中のコア(フォーム)材によっても、浮力が変わります。
また、それらの組み合わせによって、フレックスも変わります。
身長も体重も同じで、同じアウトラインや厚みが適切な人同士であっても、乗る波や、その人の力の強さ、体重の乗せ方によって変える事で、
乗り手にとってより合ったボードになりますし、入るポイントの水温でも、適切なフレックスは変わってきます。
『ラフライス』では、多くの材質を持つシェイバーに依頼して、多くの組み合わせを可能にしました。
デッキ材とフォームを好きなように組み合わせて、適正なフレックスを求められます。
また、2本目以降、アウトラインやサイズを変えたとしても、同じ材質を使うことで、同じフレックスを保つ事も可能です。
『ラフライス』のカスタムボードと他のカスタムボードの違い
現在カスタムボードも多くなりました。
しかし多くのカスタムボードは、決まったアウトラインからサイズを指定し、好きなテールを選ぶという、イージーオーダーがほとんどです。
また全てのサイズを指定できるカスタムも在るのですが、希望サイズが極端な場合でも、それで出来上がってしまうという危険もあります。
例えば、『硬いボードがスピードが出る』と書いてあったからと、
『硬いフォームにストリンガー、レールは70/30で、バットテールで回転性を』
と言うオーダーがプローン用ボードで入ったとします。
オプションが沢山つくのでうれしいオーダーですが、もちろんオーダーされた方のレベルにもよりますが、硬いフォームにストリンガー、しかもレールも70/30では、レールが入りやすいでしょう。
また『ノーズが細くテールに浮力があればテイクオフが早い、と書いてあったから』
と言って『ノーズ20センチ、テールを50センチでお願いします。』というボードでも、そのまま作られてしまう可能性があるのです。
いくらテイクオフを早くしたくても、ノーズが20センチでは不安定です。

また特に輸入のカスタムボードは、たいてい飛行機で送られてくるために、高いエアー台が上乗せされている事が多く、実際のボードの金額と、ボードの材質などのクオリティが合わない事も多いという、問題を抱えています。

『ラフライス』 のカスタムは私達がオーダーフォームをチェックする事で、こういった事はなくなります。そのオプションが本人に必要なものなのか、希望されたサイズのボードのバランスはどうなのか、考えた上で作ります。
余りにも必要の無いオプションだったり、バランスが悪いと考えられる場合は、ご相談の上、変更になる場合もあります。

『ラフライス』ではこのような事から、ひとりひとりのニーズにあったボードは、『●●モデル』ではくくれないと考え、カスタムオーダーにたどりつきました。