roughRiceボディボードがカスタムボードにこだわる理由
How To Orderボディボード
カスタム ボディボード オーダーフォーム
FAX用ボディボード オーダーフォーム
ラフライス ボディボード

PDFファイルを
ご覧になるために


adobe
PDFファイルを閲覧するにはAdobe社が無償配布している Adobe Reader でご覧下さい。
最新の Adobe Reader は上記ボタンから入手できます(Adobe Reader 7以上推奨)。

『ボディボードショップ店長業日記』

こんにちは!

店長の超ボディボーダーこと新井徹です。

こちらは通常の日記とは異なる、『ボディボードショップ店長業日記』です

店長日記はこちら >>

ラフライスボディボードユーザーのサイト
いいね!で最新情報をGET!

携帯ページ

rough Rice bodyboards

rough Rice
rough Rice bodyboards は、私達が長年探し求めていたボードです。

rough Rice bodyboards は、私達が長年探し求めていたボードです。

今までいろいろな市販の輸入ボードに乗っても、輸入のオーダーボードに乗っても、しっくりくる物がありませんでした。
それは大らかな考えの外国人シェイバーと、繊細な注文をする日本人との、感覚のずれが大きかったのです。
ロッカーがついていたり、レールが曲がっているのは当たり前、多少のサイズ違いも、良くあることでした。

初めて希望通りのボードが出来たのは、きめ細かな対応が出来る日本人がシェイプするボードでした。
こだわった結果、

rough Rice bodyboardsは、ボディボーディングに精通した日本人シェイパーと相談しながら作っていける、100%カスタムメイドのボディボード

というシステムになりました。

あなたのオーダーした1本のボディーボードは、2人のプロボーダーと1人のシェイパーが話し合い、作っていきます。

あなたのオーダーした1本のボディーボードは、2人のプロボーダーと1人のシェイパーが話し合い、作っていきます。

100%カスタムオーダーのrough Rice bodyboardsでは、単純に乗り手の乗りたいボードをシェイパーに任せて作るのではなく、私たち「新井徹&コヅエ」というプロボーダーがボード作りに必ず関わります。

物作りのスペシャリストと、実際に海に入るボディーボーディングのスペシャリストであるプロボディーボーダーが1本のボード作りに話し合い、意見を融合させ、1本のボードを作り上げていきます。

その人に必要な要素(どんなレベルなのか、乗る人がどんな動きをしたいのか)を確実につかみ、シェイパーと打ち合わせをした上でボードを作っていきます。
それは1人でも多くのスペシャリストが1本のボード作りに関わることで、一つの考えだけに片寄らず、乗る人にとっのボディボードてより完成されたボードになるからです。

新井 徹
新井 徹

1991年 全日本選手権 優勝

1992年 世界アマチュア日本代表

1994年 オールジャパンプロチャンピオンシップ 優勝

その後、ワールドツアーを転戦し、現在では日本でめずらしいフリーライディングのプロとして活躍中。

コヅエ

1991年2月 2ND WORLD CHAMPIONSHIP OF WOMEN'S AT PIPELINEに初めて出場。21位。

1992年 プロに転向

1995~1997年 ワールドツアーを転戦。最高ランク5位、最高最終ランキング11位。

1994年 オールアバウトジャパンプロチャンピオンシップ 優勝

その後、ビデオ「イエローズ」シリーズを新井徹・加藤勝典とともに制作。
現在はコンテスト活動を停止し、主にビデオ・トリップなどの活動中。