roughRiceボディボードがカスタムボードにこだわる理由
How To Orderボディボード
カスタム ボディボード オーダーフォーム
FAX用ボディボード オーダーフォーム
ラフライス ボディボード

PDFファイルを
ご覧になるために


adobe
PDFファイルを閲覧するにはAdobe社が無償配布している Adobe Reader でご覧下さい。
最新の Adobe Reader は上記ボタンから入手できます(Adobe Reader 7以上推奨)。

『ボディボードショップ店長業日記』

こんにちは!

店長の超ボディボーダーこと新井徹です。

こちらは通常の日記とは異なる、『ボディボードショップ店長業日記』です

店長日記はこちら >>

ラフライスボディボードユーザーのサイト
いいね!で最新情報をGET!

携帯ページ

HOME»  ボディボードスクール千葉»  ボディボードスクール 日記 2009 5月~

ボディボードスクール 日記 2009 5月~

今まで、店頭での申し込みだけだったボディボードスクールが、インターネットから簡単に申し込みできるようになりました!

ボディボードスクールの内容と、申し込みはこちら!http://www.live-in-clover.com/category/2/

2009年6月14日(日)

今年3回目のボディボードスクール。
9時から東浪見で行いました。

風は緩い北北東で、波のサイズは腿~腰、たまに腹。

今日は男女、KHとWY。
厚木にあるクラッシュサーフ2人でした。

KHは、去年の11月にスクールをやって、そのときから比べると力みは少なくなっていた。
完全に無駄な力が抜けているわけではなかったけど、良くはなっていた。
テイクオフの時に一瞬キックを止めてしまう癖があって、それが原因で乗れない波も多かった。
横からずっと『キック止めない』と声を掛けながらのときはできていたが、かなり意識しないとまた癖が出そうな感じ。
あとは最後のクローズセクションで、必ず波に当てに行くこと。
タイミングよく当てられそうなところでもプルアウトしていたから、失敗してもいいからしっかりやること。
当てに行くことで、リップへ向かうためのターンの練習になります。
まずはキックを止めないでテイクオフが素早くできるようになることが先だけど、乗ったら無駄にプルアウトすることはせず、フィニッシュまで行くように。


WYも去年の夏にやったスクール以来。
選ぶ波は技を掛けるポジションは良いけれど、スピンに関しては体がコンパクトにならないのでキレが悪い。
膝が開かず、両足をそのまま持ち上げるようにするので、テールのバランスが安定しない。
エルロロに関しては、タイミングや当てに行く場所は合っているから、あとは形。
完全に頭が残ってしまい体の反りも足りていないから、反発が弱くダイナミックな感じにはならない。
たくさん海には行けない環境になってしまったけど、基礎はできているので、イメージトレーニングするだけでもっと良くなれるはず。

2人ともスクールを始めてすぐは、波に乗った瞬間からすぐにレールに手を移動させてしまっていたので、ボトムに落とされ気味で、スピードのないライディングになっていました。
これは思い出してくれたので、すぐにレールを使ったテイクオフになりました。
サイズは小さいながら、掘れた早目のブレイクで難しかったけど、たくさんの波に乗ることができました。

2009年6月9日(火)

今年2回目のボディボードスクール。
9時から夷隅2番で行いました。

風は緩い北東で、波のサイズは腰~腹、セット胸。

今日は女性2人、OYとNK。
初めてライディングを見る2人でした。

OYは、テイクオフも安定していてエルロロもしていた。
ただ、リップに当てる時にボードから肘が外れてしまっていたり、ノーズを持つ手をレール側に移動させたりしていて、

リップに当てて回るというより、ボードだけをどうにか回転させてリエントリーする感じだった。
形は悪かったけど、エルロロをするタイミング自体はわかっていたから、肘とボードを持つ手の位置だけは絶対にズラさ

ないようにやった。
今までこの悪い形で回転してスープの前に出てきていたから、直そうとしてリエントリーできなくなるかもって思ったけ

ど、きちんとした形ですぐにできるようになった。
まだ頭や体の反らしは足りない部分はあるけど、今日はこれで十分ってくらいだった。

NKは、予想に反してきちんとピークに向かって波を追いかけて乗ろうとしていた。
キックを止めるのが早いこと、すぐにライディングポーズになろうとすることを直しつつ、乗ったらなるべくプルアウト

しないで最後まで乗り続けることをやった。
波が掘れてきそうになると、すぐにボードを手から離して巻かれないようにしていたので、限界を知る意味でも、波から

落ちて巻かれていいから乗るようにした。
岸でテイクオフの一連の動きをやったあと、今までなら諦めていたような波で掘れたところを横に走れるようになったか

ら、次はリップに向かうターンをしてローラーコースターですね。

ちょっと乗りづらい波ではあったけど、2人ともたくさんテイクオフをしてくれたので、たくさんのチェックができまし

た。忘れないで続けてやってみてください。

2009年5月23日(土)

今年初めてのボディボードスクール。
9時から夷隅2番で行いました。

風は緩い南西のち南南東で、波のサイズは腰~腹、セット胸~肩。

今日は女性2人、KRとMY。
レギュラー、グーフィー両方という訳じゃないけど、一応2人ともスピンとエルロロはするレベル。

KRは、技はするけどターンが全然ダメだった。
肘が外側に開き、波側のレールに体重が乗せられていない。
ボードにしがみつくようにして乗ってしまう悪い癖だった。
脇は締められるようになったが、岸側の肩ももっと波側のほうに向けてあげないとレールに体重は乗ってこない。
技をすることばかりを意識していたせいで、基本的な動きがまだ不十分。
技のキレを増すためにも、もっと基礎をしっかりやったほうが良い感じだった。

MYは、スピンのときにきっかけのなる、乗り込みながらの体の捻りができていなくて、それを意識したら途端にきれいに

回転できた。
彼女もターンの時に肘が伸び気味で、レールに体重が乗せ切れていない。
当然スピードが出ないので、エルロロしてリエントリーできても、見栄えが悪い。
肘を意識して波乗りするだけで、かなりスピードの感じは変わってくるから忘れないで意識し続けて欲しい。

2人とも、テイクオフしてスピードに乗らない時から岸側の手をレールに移動させたライディングポーズをしていた。
岸に上がってで、キックを続けながら進行方向をしっかりと見て、レールに体重を掛けながら走ってから最終的にライデ

ィングポーズになり、そこからターンにつなげるように教えた。
テイクオフで勢いを付けられるようになれば、その後のライディングもスピーディーになるので、このテイクオフの仕方

は必ず忘れないでやって欲しい。